Top
検索
<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
お給料日なので
b0305970_19483043.jpg
豪州ビーフのもも肉でローストビーフ風茹で牛

いつもよりちょっと気合入れました♪

でも少し火が入りすぎたようで

綺麗なロゼにはならなかった

次はもうちょい時間を短くしてみよう

ジップロックなどのビニール袋に肉とつけダレを入れて

沸かしたお湯の予熱で調理する方法

時間は少しかかるけど手間いらずなうえ

お肉が柔らかく仕上がります



これは息子の分で

大根おろしと薬味MIX添え



そしてまだまだ子供味な娘の分は、こちら

あれ?こっちはいい色合いだな~


b0305970_19571015.jpg


薬味MIXをレタスに混ぜたものを添えました

勝手に薬味MIXなどと名づけていますが、実は日本料理店「分けとく山」の総料理長、野崎洋光さんのレシピ本に載っていたもの。

大葉・ネギ・茗荷・かいわれ・生姜などなど、日本の香味野菜を切って合わせたもの。

水に晒した後、キッチンペーパーで水気をしっかりとれば保存もきくので何かと便利です。


b0305970_2072583.jpg



理想はこんな風な食べ方ですが、現実はぶっかけだったり全部つけダレにドボンだったりします……。

まぁ、家だし皆疲れてるからいいよね。
[PR]
by diEss | 2014-06-30 20:33 | foods
さくらんぼ
b0305970_9113641.jpgさくらんぼをいただきました

やや酸味の勝る好みの味

美味しい、美味しいと

朝に晩にと頬張っていたのですが

さくらんぼは比較的足が早いのと

大量にいただいたのとで

3日めでとうとうギブ





さて、残りをどうしよう

さくらんぼでお菓子でも焼こうかとレシピを探すけど、どれもこれも微妙に材料が足りない。

そしてちょっと面倒くさいというか、いまひとつモチベがあがらない。

そこで、毎日私が飲んでいるリンゴ酢に漬けてみることに。


b0305970_9242574.jpg



梅シロップで残っていた氷砂糖とリンゴ酢を注いでおしまい。

さてどんな味になるのか?楽しみ楽しみ。
[PR]
by diEss | 2014-06-29 09:28 | foods
今日の梅干し
b0305970_18443989.jpg

今日は思い切って袋から出してみました

皮を破かないようにそろそろと

雑菌もつかないように清潔な箸で取り出す

真っ赤とはいかないけれど

ほんのり紅色くらいには染まったかな?

これはこれで若いお嬢さんの薄化粧のようで綺麗かも















こちらはジップロックに入れたままの比較画像




b0305970_1850332.jpg



こうして並べてみると、一応色が濃くなってきてはいるようですね。

この調子なら、梅雨明けまでにしっかり赤くなりそうです。

冷蔵庫で保管しているおかげもあり、カビの発生もまったくなし。

本日も我が家の梅干しは元気でした♪
[PR]
by diEss | 2014-06-26 19:00 | foods
20年ぶりのコンタクトレンズ
b0305970_22561193.jpg
子供を産む前はよく利用していたのですが

産んでからはいつのまにか遠ざかっていました

子供を寝かしつけるつもりが

自分が寝落ちなんてことしょっちゅうでしたので(笑)

そんなわけでメガネだけの生活をつづけ20年ほど経ちますが

久しぶりにコンタクトにする機会に恵まれました















去年、娘がコンタクトデビューを果たし、それを見た長男が「俺もやっぱりコンタクトにしようかな」と言い出したのが切っ掛け。

実は私も娘がスムーズにつけはずすのをみていたり、昔よりずいぶん安くなったことや種類が増えたことに背中がウズウズし始めていたのです(笑)

そこで今日、息子と2人で眼科へGO!めでたくメガネ一家がコンタクト一家に変身しました。

20年ぶりに眼鏡越しではなくはっきり見える周囲の風景。ちょっと生まれ変わったような気分です。

そして鮮明に鏡に映るメガネのない自分の顔を見ながら、もうちょっとお化粧ちゃんとしないとなぁと反省

さすがに40代ともなると、もう今までのように野放図ではいられませんね。

肉体の衰えも去年あたりからひしひしと切実に感じられることもあり、もう少し自分にも投資をしてもいいんじゃないかという気持ちになってきました。というよりしないと今後が心配。むしろしなきゃ駄目!

つきつけられた現実に、固い決意が生まれてしまった(笑)


b0305970_2333230.jpgこれは去年からはじめた基礎化粧品とビタミン剤。

恥ずかしながらこの手のものもずっと遠ざかっていました。

なんと牛乳石鹸で顔洗うだけのスキンケアでしたの(大笑)

もともと肌は丈夫な性質なのかむしろ石鹸だけのほうがトラブルもなく具合がいいくらい。

ところが去年の冬、自分の肌がカッサカサに乾ききっていることを唐突に実感。

笑った瞬間、ピキッと顔にヒビがはいったかのような嫌~な感触。

鈍い私もさすがに  ヤ   バ    い  !  と冷や汗が・・・・・・・。










これのお陰で肌の状態はだいぶマシになっていますが、その他にも心配なことは山積み。

肩こり軽減のための猫背矯正をあれこれ試したり、先日はタニタの代謝も測れ、Bluetoothでデータをアプリに飛ばせる体重計を注文。

さらにお酢を飲んだり、グリーンスムージーを試したりと、遅ればせながら今頃盛大にあがいております(笑)
[PR]
by diEss | 2014-06-25 23:22 | etc.
お気に入りの器とメニュー開発
b0305970_2129496.jpg

冷蔵庫のありあわせで作った

牛肉とレタスのチャーハン

いつもの母ちゃんのチャーハンだけど

お気に入りの器に盛り付け

無印の木のトレーに乗せたりすると

ちょっとだけお店風

よそゆきの顔になる、不思議




チャーハンを入れた器は折居ゆかさんの青白磁八角皿。

この器がとても使いやすく、普段使いに重宝しています。

白磁に透明度の高い青い釉薬かけて焼くため、とても涼し気な色あいで暑い時期にもピッタリ。

この手のものはともするとクールビューティないでたちのものが多いのですが、折井さんの作品は凛としつつどこか優しげで和みます。

今はまだ2枚しかないけど、今後数を増やしたい器です。



さて、ここからはメニュー開発の部



b0305970_2242522.jpg

副菜は鶏もも肉の酒蒸しにトマトマリネとオクラを添えて

酒蒸しの副産物であるコラーゲンたっぷりのジュレをかけたもの

(酒蒸しをした際に出る汁をキッチンペーパーで漉して、リンゴ酢と醤油。あとは塩で微調整したもの)

今日、思いつきで作ってみたものですが

思いの外、子供たちの評判も上々

鶏もも酒蒸し・トマトマリネはいずれも我が家の常備菜なので

時短にもなり見栄えもなかなか

これから夏の定番になるかな?












今日は早く帰れたので、自分の分でこんな盛り付けも試してみました。

b0305970_22211953.jpg


白皿のほうがジュレが引き立つ?

ちょっとジュレも冷やしが足らず緩かったかな?

なんてブツブツやっていたら、子供たちから

「自分ばっかり、綺麗なの作ってずるい」ですって(笑)

でもね、母さん唯一の趣味なんで許してね
[PR]
by diEss | 2014-06-24 22:39 | foods
梅干しの赤紫蘇漬け
b0305970_854478.jpg 



赤紫蘇も手にはいり

いよいよ先日の梅を赤く染めていきます

梅酢に漬ける前は紫色ですが

このあとちゃんと赤くなります















投入一日目はこんな状態。

まだまだ梅の実が黄色いまま。

梅酢の色が薄いのかなぁ?紫蘇の量が少なかったのかなぁ?と、この段階ではやや不安。


b0305970_90958.jpg





4日後の変化

b0305970_932467.jpg



若干赤く染まってきました。大丈夫なようです。

このまま梅雨明けまで待って土用干しとなるのですが、どうやら今年は梅雨明けが遅れそう。

なのでこの状態のまま、冷蔵庫で保管することになりました。

我が家はなかなか気密性の高いマンションなので、窓を開けていてもかなり蒸すことも。

暗所は存在しても冷所となると難しい環境。

そこで師匠(母)に冷蔵庫に入れても大丈夫か確認したところ、やったことがないからわからないけど多分大丈夫とのこと。

もともと大瓶で大量に作る保存食なため冷蔵庫にいれるという発想がなかっただけで、NGではないと思うの。
[PR]
by diEss | 2014-06-22 09:13 | foods
一眼修行中
b0305970_7455855.jpg とはいえミラーレスですが

とうとう一眼デビューしました

OLYMPUS PEN Lite E-P5

しかしまだレンズはキットの一つだけ

14-42mm f3.5-5.6

使い方もまだまだ勉強中

この写真はやっとauto撮影脱して、絞り優先で撮ったもの





やはり背景のボケ感がコンデジとは違いますね。

コンデジでも一応可能は可能なんですが、いろいろ条件があるのとさすがにここまで綺麗なボケは難しい。

一眼は例えautoで適当にとってもふんわりやさしくボケてくれます。楽だなぁ。

次の課題は、対象物をもっと綺麗に撮ること。

私は風景より、植物や小物などの接写が多いので、マクロレンズがあったらいいかな。

技術的な問題もあるとは思いつつ、とりあえず今日はマクロコンバーター(安い)だけでも買いに行ってきます。

愛好家の間でレンズにハマることをレンズ沼と呼ぶそうですが、まずい。私も沼にハマってしまうかも(笑)
[PR]
by diEss | 2014-06-21 08:11 | etc.
ジップロックで梅干し漬け
b0305970_1991758.jpg


まずは青梅を氷砂糖で漬けて

梅シロップ

一晩冷凍すると発酵しづらいと聞き

今年は冷凍庫に入れてから漬けてみました

青梅は冷凍保存も可能なようで

そのまま冷凍しておいて

好きなときに使うこともできるそうです











さて本題。

梅干しのジップロック漬けです。

少量だけ漬けるならこれで充分なようです。


b0305970_19113393.jpg



これで2日目の状態。

そこそこ梅酢が上がってというか、出てきてます。形もそれっぽくなってきています。

カビ防止の焼酎や酢を使わないので、塩分は18%。

塩分控えめが流行りなこのご時世、相当な強塩分。ですが梅干し作りの師匠である母曰く、塩のみなら最低でもこれくらいは入れないとカビですよ~と。

母も昔は焼酎や酢を使って塩分控えめを目指した時期があったのですが、それでもやや甘い梅干しになってしまい家族に不評だったため、このスタイルに行き着いたようです。

一度に何個もガバガバ食べるものでもないので、たぶんこのくらい大丈夫でしょう。


b0305970_19305853.jpg



二重にしたジップロックを無印の琺瑯容器に納め、その上から同じ無印の同型容器で重しをします。

ただそれだけでは重しにならないので、水をいれたペットボトルで加重。

(置く場所によっては、直接ホウロウ容器に水を入れてもOK)

うちはこのスタイルでよく、1本キュウリや大量の浅漬けを漬けています。

保存容器としては少家族にはあまり必要ないかなというサイズですが、漬物容器としてはかなり便利。

さて今日やっと赤シソも手に入ったので、これからシソの下準備をして明日以降、赤梅干しに仕立てていきます。


参考までに

旭化成「ジップロック®」で梅干し作り
(塩分20%)

絶対お薦め!減塩梅干しの袋漬け♪
(塩分10%+ホワイトリカー+砂糖)


(塩分18%に焼酎使用)

これ以外にも「梅干し」「ジップロック」で検索するとたくさんのレシピがでますので、いろいろ参考にして貴女だけの味を模索してみてください。
[PR]
by diEss | 2014-06-18 20:30 | foods
気になる曲
b0305970_11481240.jpg



Pharrel Williams(ファレル・ウィリアムズ)の「Happy」

毎朝、駅前のミスド前を通るたび流れていて

耳タコになりつつも気になってた曲












こちらは公式によるPV



今年の春からヒットしてたらしく、そういえばミスドで流れ始めたのもその頃でした。

恐らく、都内のショップなんかではガンガン流れているのでしょうが、最近行かないから、聴くのはおもに地元ミスドのみ(笑)

ラジオつけてもついつい古いのばかり聴いてしまうから、最近の曲にはすっかり疎くなってます。

ちなみに歌詞の内容はというと、一言で表せば「幸せなら手を叩こう」

世界的な大ヒットだそうで各国都市バージョンも作られており、もちろん日本Ver.も



なんとふなっしー出演(笑)

他にも久保田利伸さんやスチャダラパーさん、コブクロさんやマッキーや氣志團さんも

なかなか豪華というか、どういう基準の人選なんだろうか

そしてHappy24時間耐久レースみたいなこんなサイトもあります

24hoursofhappy.com

これを聴けば一日中Happyになる・・・かな?
[PR]
by diEss | 2014-06-15 12:17 | etc.
遊びの天才
b0305970_20421289.jpg

僕、アンパンマン

挟んだ指をギュッと締め付けると赤くなって

鼻とほっぺみたいになるのがポイントだよ

あんパンチは片方だけならなんとか繰り出せるよ



なんて学校から帰るなり娘が披露してくれました

よく考えつくなぁと感心しつつ

受験のことも少しは考えているのだろうか

親としてはちらっと不安になってしまう

毎日楽しそうでなによりだけど

さすがに中3ともなると心配だ
[PR]
by diEss | 2014-06-14 21:04 | etc.




暮らしの中でふと思いついたこと、心に留まったことを、書き溜めておくブログ。
ささやかな幸せの記憶の貯蔵庫。