Top
検索
カテゴリ:foods( 31 )
新潟の美味しいもの
b0305970_10414135.jpg
新潟の美味しいもので晩酌です

ちなみにお刺身は地元スーパーで購入したもの

寺泊や出雲崎にも行きたかったのですが

日程の都合上、残念ながら無理でした

特に出雲崎は祖父母のお墓があるので

次は母と一緒に旅行の計画を立ててみようかな


















いろいろ買った中で、今回イチオシはこの2品。

栃尾のあぶらげと十全なすの浅漬。

b0305970_1044445.jpg



どちらも長岡駅のおみやげものやさんで購入。

栃尾は現地までいったのですが、時間が遅かったのか、はたまた日曜だからかどこも売り切れ。

それどころかほとんどのお店が閉まってる状態でした。


b0305970_10511335.jpg



グリルで両面をカリッと焼いたところに、今回はネギとザーサイをラー油で和えたものを乗せました。

普通の油揚げと違って、大きく厚みがあるので食べごたえ満点。

私一人なら半分で充分。

外はカリッと、中はふんわりで豆の風味もしっかり味わえます。


b0305970_1059749.jpg



そして今回の旅で感動の味だった十全なすの浅漬。

梨なすの異名をとるほど、ジューシーでフルーティなお漬物です。

一噛みすると中からじゅわっと、ほのかにほのかに甘い果汁が口の中に広がり、ちょっと感動するお味です。

水なすも好きですが、それよりさらに上をいくかも。

こちらも購入は長岡駅のお土産物屋さんですが、一番のおすすめはへぎ蕎麦の小嶋屋さんのもの。

残念ながらお土産用の購入はできなかったのですが、こちらのお店でいただいたものが一番美味しかった。

小嶋屋さんの通販でも一応取扱いはあるのですが、夏期限定のようです。



実は、今回の旅。

娘の野外ライブ参戦の付き添いという目的だったため、あまり私の好きには動けなかったんですね。

しかもライブ終了後のお迎えのため、長岡駅からあまり離れられない・・・・・・。

さらに娘と合流できるのは22時過ぎなため、慌てて最終の新幹線に飛び乗り、ホテルのある燕三条まで戻らなくてはいけない。

おかげで夕飯は2日ともコンビニ飯という、食的にはやや残念な旅だったので、ことさら茄子の美味しさが身にしみました。

もう来年からは、私もライブ参戦しちゃおうかな。

[PR]
by diEss | 2014-08-31 11:19 | foods
梅干し~最終章~
b0305970_22234735.jpg

写真を撮るだけ撮って、記事にするの忘れてました

梅干し、とっくの昔に完成してます

心配してたカビや皮の破れもなく

初めてにしては上出来、上出来





















味はというと、母が作るものに比べると塩気や酸味が足りない気がしますが、初めてなので良しとしよう。

原因は3日3晩の解釈の違いでした。

母は一日目の夜だけ夜露にあて、それ以外は梅酢の入った瓶に戻している。

と、あとから聞いてがっくり。

道理で干してて中々塩が吹かないわけだ。


b0305970_2239291.jpg



一緒に干した赤紫蘇は、ミキサーに掛けてゆかりに。

あんなにあったのに、漬けて干して砕いたら小さいジャム瓶の半分ほど。

そしてもう一つ、あまり収穫量のなかった物


b0305970_22423516.jpg



梅酢です。

梅干しは失敗しても、最悪これだけ採れればなんていってたのに、600g強漬けてこの量。

これで大根つけたりするの楽しみにしていたのですが、もったいなくて使えそうにない。

来年は2kgくらい漬けてみようかな。
[PR]
by diEss | 2014-08-13 22:49 | foods
おたべ
b0305970_21522497.jpg

娘のおみやげのおたべを食べて一息

今はいろんな味のおたべがあるようで

これは「はちみつレモン」

三角の皮の中にはちみつ漬けのレモンがたっぷり

従来の小豆あんにニッキという味からは、想像もつかない組み合わせだけど

夏にぴったりなさわやかな味で、美味しくいただきました




行き先は京都ではなく大津なのですが、去年もおたべをたくさん買ってきてくれました。

かなり色々な種類があるらしく、どれにしようか選ぶのがちょっとした楽しみな様子。


b0305970_2222744.jpg



一番上のこたべは箱が可愛い。

去年は紫色のさつまいも柄で芋餡でしたが、今年はこしあんを選んだようです。

もしや箱をコレクションする気?

そのためには精進して、来年もまた参加できるように頑張れ。
[PR]
by diEss | 2014-07-29 22:12 | foods
タルティーヌ
b0305970_1911535.jpg

タルティーヌ【tartine】

バターやジャムなどを塗ったパン切れの意

スライスしたパンの上に、いろいろな具材をのせた、フランス式のオープンサンドイッチ

(デジタル大辞泉より)





















昨日の朝、子供たちにメニューを聞かれ「タルティーヌだよ」と答えたものの、本当にそうなのか不安になって調べてしまいました。

大体あっていたようでよかったわ。

洒落た名前と見栄えの割に簡単な上、パンさえあれば具はなんでもOKなので便利です。

コレは生ハム+プチトマト+アスパラ。

パンにはアンチョビを入れたバターを塗りました。


b0305970_19745100.jpg



一番上にとろけるチーズをまぶして少しトースターで焼くと、溶けたチーズが乗せた具を固定してくれます。

コレで食べづらさも解消です。


b0305970_1920030.jpg



案の定、プチトマトから水分がポタポタと垂れてしまった。

なんとなく予想はしていたので、一番下に生ハムを敷いて正解。

トマトはレンジでセミドライにできると聞いたので、今度試してみようかな。
[PR]
by diEss | 2014-07-28 21:00 | foods
道の駅の野菜
b0305970_2033031.jpg

このところ恒例化しつつある

週末の道の駅詣

今回の目玉はとうもろこしでした

3本で420円

1本あたり140円

道の駅としてはやや高めのお値段ですが

上から下までみっちりと完熟した粒が詰まってます

スーパーなどで購入したら

もう少し値段が張るかもしれません












まず1本は朝の冷製ポタージュで。

玉ねぎなしのとうもろこしonly。

とうもろこしを皮付きで茹でた後、実をほぐしてハンドミキサーにかけます。

(ミキサーなどがない場合は、生をおろし金で擦り過熱という方法もあります)

今日は牛乳を切らしていたので豆乳と混ぜ、味付けは塩コショウのみ。

最後にオリーブオイルを垂らします。


b0305970_20202455.jpg



お次はおやつに焼きとうもろこし。

ここまでしっかりしたモロコシなら茹でて塩だけでよさそうですが、子供はどうしてもコレが好き。

BBQだったら皮付きのままホイルにくるんで蒸し焼きにすると美味しいのですが、あいにく自宅なもので。

皮付きでさっと茹でた後、これまた皮付きのまま焼き網の上で転がします。

皮に焦げ目がついてきたら剥いて、醤油を塗りながら転がします。


b0305970_20251119.jpg



上から下まで、まったく無駄のないパーフェクトなとうもろこし。

ああ、あと一本はどうやって食べようか

とうもろこしご飯は、白米大好き兄妹には不評なんだな。

またおやつの焼きもろこしかな?
[PR]
by diEss | 2014-07-27 21:05 | foods
土用干し
b0305970_18375969.jpg

梅雨明けし、一気に気温が高くなりました

蝉の鳴き声も日に日に盛んになる中

ようやく梅を干しました























しかし、どんどん日陰になる我家のベランダ

これで朝の10時です。

仕方ないのでお天道さまの動きにあわせ、台を移動させつつなんとか一日干してみました。

b0305970_18435551.jpg


紫蘇も一緒に干しますよ~

b0305970_1846784.jpg


土用干しは三日三晩といわれ、夜露に当てたほうがいいそう。

しかし、この時期はいつ夕立のような突発的な雨があるかわからないので、寝る前には取り込もうかな。
[PR]
by diEss | 2014-07-26 18:52 | foods
美味しいお米
b0305970_20284049.jpg 
連休中出かけた、地元の道の駅

そこで美味しそうなお米発見

というより、新嘗祭献上のシールに釣られる(笑)

しかしシールは決して伊達じゃなく

粒が大きくしっかり、もっちり歯ごたえのある理想のお米でした

隣に置いてあった「麦の膳」という

もち麦、裸麦、押し麦のブレンド麦をいれたらもう最強

こんなご飯が食べたかった!














朝から早速炊きたてごはん。

この日はご飯の上に出汁で伸ばしたフワッととろろを乗せ、醤油に浸け置きした卵黄をのせる。

麦入りだからとろろがすごく合うんだなぁ。


b0305970_2037135.jpg



そしてお味噌汁は、焼きナスと焼きあげ。トッピングは茗荷の千切りです。

茄子とあげは前もって焼いておき、カツオと昆布で出しを取り味噌を溶いたものを後から椀に注ぎます。

茄子はなす焼きの要領で、皮付き丸ごとをグリルで焼く。

焼けたら流水に晒しながら、皮を剥いていきます。

ちょっと手間ですが、こうするとトロッと甘い茄子が味わえます。

茄子が甘い分、お味噌は仙台味噌で。

ここ数年は成城石井のオリジナルがお気に入り。


b0305970_20491177.jpg



食欲のない夏の朝にも、力みなぎるメニューです。
[PR]
by diEss | 2014-07-22 21:08 | foods
ガレット失敗
b0305970_8513796.jpg

久々にそば粉のガレット

あまりに久しぶりすぎて失敗してしまった

ちゃんとレシピ確認して配合すればよかった

いただき物のラディッシュを

フランス風に塩とバターで食べてみるけど

やはりマヨネーズのほうがよかった






さて、連休も今日で終わり。

娘は部活の遠征でずっといなかったので息子と二人のはずでしたが、その息子も課題が大量にでたと部屋に籠もりきりで作業。時折、食事と休憩に出てくる程度。

ほとんど、お一人様な連休でした。

これからどんどん一人の時間が増えるんだろうなぁ。

子供が小さい時はあれほど待ち焦がれた時間なのに、いざなってみると少し寂しいですね。
[PR]
by diEss | 2014-07-21 09:04 | foods
白瓜のつけもの
b0305970_8261946.jpg


ふと思いついて、撮りためてた1枚で作ってみた

話題のお漬物屋さんのポスターパロディ

元ネタはこちら

文の里商店街ポスター総選挙

上段9個め、17番の元祖漬けもんやさんのポスター

他も傑作揃いで、眺めているだけでも楽しい

11番の漬物屋さんもおじいちゃんの佇まいとコピーが

なんともいえないユーモアを醸し出しています














さて、このあと我が家の白瓜たちは、昆布や唐辛子とともに、石抱きの刑に処せられます。

元祖漬けもんやさん曰く、野菜はいじめるほど美味しいそうです。

数日の仕置きを耐え抜いた白瓜たち。このような姿で夏の食卓を賑わします。



b0305970_13071190.jpg

朝ごはんのお供に、カレーのお供に。なんにもないときのおやつの味噌おにぎりにも。

毎日3食、なんでも白瓜(笑)

それでも飽きないのは、夏限定の特別な味だからでしょうか。







[PR]
by diEss | 2014-07-20 13:23 | foods
お酢のちから
b0305970_1952648.jpg

梅シロップのすこしあとに仕込んだフルーツサワー

こちらも飲み頃になっています

写真は発泡性ミネラルウォーターと合わせ、ミントを入れたもの

私は普通のお水で割っただけでもグイグイいけますが

子供は炭酸割りのほうが好みなようです


















お酢の成分がお肌やダイエット、疲労回復に良いそうで、私はダイエット、子供たちは夏バテ防止にのんでいますが効果の程はまだわかりません。

さすがに2週間程度じゃ無理ですよね(笑)

でも昨日、突然2kg体重が減って「ま・・・まさかと」なりましたが、翌日には1kg戻っていてぬか喜び。

そんなに簡単に痩せられたら苦労はないか(苦笑)

でも1kgは減ったまま。もしかして?もしかして?

さあ!もっと頑張るぞということで、大さじ1のお酢を割ったものを一日3回ほど飲んでいますが、飽きるの防止にこんな飲み方も



b0305970_20171673.jpg



豆乳割りです。

最初は牛乳で割っていたのですが、豆乳の方がなんとなくですがお酢に合うような気がします。

活動量の多い朝や昼に飲むことが多いです。

私は胃を傷めないためとタンパク質補給のためですが、お酢の香りは牛乳や豆乳でで割るほうが気にならないかも。

ちなみにお酢は空きっ腹には飲まないほうがいいそうです。かなり刺激が強いので胃を痛める心配があるらしい。

それと飲んだあとは歯磨きもしっかり。酸で歯がぼろぼろになる可能性もあるとのこと。

たまに1:1なんて濃さで飲んでいることがありますが、さすがに刺激が喉にきます。

酢の臭いは気にならなくても、酸の刺激でOUTとなります。

豆乳だと1:2、水で割る際は1:3以上が飲みやすい濃さなのかな。


b0305970_20243028.jpg



第二弾仕込中~♪

今度はレモンと新しょうが。

新しょうがはこのまま甘酢漬けになると無駄がなくていいんですけど、どうでしょう。

こんな風に次はどんなものを着けようか?どんな味になるかな?と考えるのも楽しく、モチベーションも上がります。
[PR]
by diEss | 2014-07-16 20:40 | foods




暮らしの中でふと思いついたこと、心に留まったことを、書き溜めておくブログ。
ささやかな幸せの記憶の貯蔵庫。